MENU TEL

Blog記事一覧 > スタッフブログ > 七月に流行る病 美合接骨院 岡崎市

七月に流行る病 美合接骨院 岡崎市

2016.07.06 | Category: スタッフブログ

みなさんこんにちは^^

相変わらず暑いですね~。

蝉が賑やかになってきましたね(*'▽')

朝、蝉の声で目が覚め、「もう少し眠らせてくれ~」

と思いつつ、しぶしぶと起きて、寝ぼけ半分の中、

「蝉って1週間しか生きられないっていうけど、

夏の終わりくらいまで鳴いてるよな~。」

っとぼそっと言ったら

「あなたの頭の中では全ての蝉が同じ日に生まれてるんだね(笑)

早く生まれる蝉もいれば遅く生まれる蝉もいるでしょう。」

っと母に言われ、納得しました。…というか母よ。いつからいた。

っという私の話は置いといて、本題に入ります。

夏は冬に比べ病気にかかりにくい季節とイメージ

している方が結構いらっしゃると思いますが、

夏にも病気は潜んでいます。

ヘルパンギーナ、手足口病、おたふくかぜなどです。

ヘルパンギーナとは、簡単に言ってしまえば夏風邪の代表的疾患です。

特徴は、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹などでウイルス性咽頭炎です。

主に乳幼児を中心に夏季に流行します。

潜伏期間は2~4日、発熱に続き咽頭痛が現れ、口腔内に直径1~2㎜ほどの紅暈で囲まれた

小水疱が現れます。小水疱はやがて破れ、疼痛を伴います。

熱は2~4日程度で下がり、少したってから粘膜炎も消失します。

手足口病とは、口腔粘膜、手や足などに現れる水疱性の発疹を症状とした、

急性のウイルス性感染症であり、乳幼児を中心として流行します。

おたふくかぜとは、かかった方はわかると思いますが、耳の下あたりが痛くなる

アレです!!

2~3週間の潜伏期間を経て発症し、片側、両側の唾液腺の腫脹を特徴とする、

ウイルス感染症です。

通常1~2週間で軽快します。最も多い合併症は髄膜炎です。

他にも、髄膜脳炎、睾丸炎、卵巣炎、難聴、膵炎などの場合もあります。

私はおたふくになった後、髄膜炎をやったのですが、かなり辛かったです。

症状としては、私の場合、高熱と頭痛、吐き気、首から背中にかけての痛みが主でした。

おたふくが治った後、少しでも体の異変があったらすぐ病院に行くことをお勧めします。

 

このような感染症に負けないように免疫力を上げておきましょう^^

正しい食生活や適度な運動などなど、、、

美合接骨院ではコラーゲンペプチドというものを販売しています。

粉状で料理や飲み物などに混ぜて飲めます。特に癖もなく飲みやすいです。

効果としては、美容、便通改善、免疫力アップなどがあります。

もちろん個人差はありますが、一袋1200円で販売しております。

IMG_6205

夏といえば、食中毒もありますね。食べ物には気を付けて過ごしましょう。

 

美合接骨院は交通事故治療専門院です。

交通事故治療のことなら岡崎市美合接骨院にお任せ下さい。

また、肩こり、腰痛、膝の痛み、骨盤矯正、猫背矯正など各種悩みを持つ方もお気軽にお越し下さい。

患者様が少しでも良くなるように全力を尽くします。

 

住所:岡崎市美合町生田301蔵ビル 1A

美合接骨院

IMG_6527

交通事故治療専門院。名鉄・美合駅から徒歩0分。

駐車場完備。

TEL:0564-83-8528

 

当院へのアクセス情報

所在地〒444-0804 愛知県岡崎市美合町生田301 蔵ビル1A
駐車場当院前2台、蔵ビル共有駐車場11台あり
電話番号0564-83-8528
休診日定休日:日曜日
祝日もやっております